長期優良住宅対応!


長期優良住宅とは、長期にわたり住宅を良好な状態で長持ちさせるために必要な基準を設けておき、その基準をクリアしたもので、平成21年6月に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づいています。

長期にわたりというのは、新築時の建物プランにおいて長期的に良い状態を保つことができるものであり、
且つ、新築後の維持管理・メンテナンスのし易さも考慮されたものであることです。
新築された時点だけではなく、将来のメンテナンスのし易さまで評価する点が特徴的です。

 

【具体的な条件】

  • 耐震性
    地震に強く、倒壊しにくい安心の家
  • 耐久性能(劣化対策) 
    構造や骨組みのしっかりした長く住める家
  • 維持管理・更新の容易性
    メンテナンスを容易に行う為に必要な措置が講じられている家
  • 住戸面積
    良好な居住水準を確保する為に必要な規模を有する家
  • 省エネルギー性
    必要な断熱性能などの省エネルギー性能が確保されている家
  • 居住環境
    地域のまちなみと調和した家
  • 可変性
    居住者のライフスタイルの変化に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられている家

 

その他一定の性能を求められており、「長期優良住宅」認定の条件となっております。