介護保険住宅改修とは?


介護保険制度では、要支援1・2、要介護1~5に認定され、身体の状況と住宅の状況に対して必要と認められた場合に、市町村から住宅改修費が支給されます。

65歳以上の方(第1号被保険者)、40歳から64歳までの方(第2号被保険者)は介護保険制度を受ける事が出来ます。
かかった費用(住宅改修費)の1割を負担して頂くだけでサービスを受ける事が出来ます。
※1人あたりの上限20万円。そのうち1割の2万円は自己負担。

例)手すりの取付、段差の解消、和式から洋式便器に取替える、などのバリアフリー工事

 

お住まいの地域によって条件が異なる場合がありますので、詳しくはTAKAI HOMEまでお問い合わせください。